コンテンツ力で勝負するSEO対策

SEO対策の最終形はやっぱりコンテンツ力

パンダアップデートやペンギンアップデートの本質を考える。

コンテンツ力に勝るSEO対策はなし!

アフィリエイトで稼ぐSEO対策のTakezoです。
今回はコンテンツ力で稼ぐ正統派なSEO対策のお話です。

検索エンジン対策として考えられるのは、
内部リンク、外部リンク(被リンク)、記事のキーワード比率などを基本とした応用的な手法ばかりですが、結局はコンテンツ力があるサイトやブログが最終的には評価されます

いくら検索エンジン好みのメディアを作成して、
結局は閲覧する人が見やすく役立つ内容を発信していかなければ、意味がありません。

少しでも有利にGoogle対策をできないものか?
と以前は考えた時もあり様々な方法を検証していました。

しかし、行き着くとこはコンテンツ力

当たり前なようでも、裏技的なSEO対策やインデックスを早めたり、
サイト評価を高める方法は、魅力的に感じてしまうものです。

中期的なデータとして検証分析の結果を見ると、
面白いほどアクセス数が交差することがわかります。

アフィリエイトに役立つコンテンツSEO

上記のデータはカテゴリー別で、各5つのブログと各5つのサイトを
それぞれ裏技的なSEO対策とコンテンツ力メインで調査した平均的な数値を出しています。

当然、時期やキーワードなどによっても内容は変わってくると思いますが、
一つの調査結果としては、とてもおもしろい結果だと思います。

短期的にアクセス数を伸ばして一気に集客して、後は捨てるという目的以外は、
コンテンツ力を重視して、最低限のSEO対策を行ったほうが明らかに評価や効果は高いことがわかります。

調査開始3か月以降からは、コンテンツ力重視のサイトやブログは、
予想以上に狙ったキーワードでの集客ができています。

まだまだ様々な検証を実践を通して行っているので、
少しでも参考になれば、ぜひ役立ててください!

Takezoのコンテンツ力で勝負するSEO対策でした^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です