初心者でも稼げるアフィリエイトのやり方

アフィリエイトといっても稼ぎ方は何通りもあります。
メルマガ、サイトやブログ、複数の媒体を連携させて稼ぐ人などさまざまです。

僕はサイトやブログでのアフィリエイトが中心なので、メルマガや他の媒体で稼ぐ方法を知りたいという方には参考にならないと思います。

どのような戦略でサイト構築していくのか?

サイトアフィリエイトでは、ジャンルや売り上げ目標によってサイト規模を3つに分類しています。
1、小規模サイト(ペラサイト含む)
1~20ページ。
2、中規模サイト
21ページ~90ページ
3、大規模サイト(パワーサイト)
91ページ以上

パワーサイトは91ページからと中途半端な設定をしていますが、コンテンツ重視のパワーサイト構築をしていく場合には、1日1ページを目安に作りこめば最低3か月はかかってしまいます。強いキーワードで上位表示していく時には、大規模サイト+中規模サイト+小規模サイト(量産)で構築していくことになりますので完成まで軽く半年はかかります。

アフィリエイト初心者のうちは売れるコツをつかむまで、小規模サイトから中規模サイトで様子を見ながら構築するやり方がオススメです。

初心者がいきなりパワーサイトに手を出しても、ジャンルのキーワードマーケティングが弱いので無駄な作業が増え、サイトコンテンツは増える一方で売り上げにあまり変化がないという結果(モチベーションはがた落ち)も考えられます。

パワーサイトだから稼げるとか小規模サイトだから稼げないという考え方は捨てるべき。
ググっているとアフィリエイトに失敗した人がペラサイトや小規模サイトをいくら量産しても稼げないとか、パワーサイトを作らないとアフィリエイトでは稼げないと書かれた記事をたまに目にします。

失敗した人はおそらくキーワード選定に失敗しているか、サイトコンテンツが弱くユーザーをコンバージョンまで誘導できていないだけだと思います。実際、僕が運用している小規模サイト(10ページ未満)でも年間通して安定した売り上げは上がっています。(注意点として、たまに無料ブログで内容の薄い商品ページを量産しているアフィリエイターを見かけますが、売り上げは見込めないのでやめといたほうがいいでしょう。)

キーワード選定は凄く凄く重要です!

キーワード選定は売り上げに大きく影響してくる項目の1つです。

キーワードには大きく分類して2種類あります。
ユーザーが購入したくてウズウズしているキーワード、購入する気はないけど調べるだけのキーワードが存在することを理解しておく必要があります。

もちろん購入する気がないユーザーの気持ちを変えてコンバージョンへと繋げるやり方もありますが、初心者のうちはキーワード選定で購入したいユーザーを集めるほうが効率的に稼ぐことができます。

キーワード選定の際によく使っているツール

キーワードプランナー
サジェストキーワードツール

初心者のころにやってしまいがちな失敗として、お宝(二ッチな)キーワードばかりを狙ってしまう事です。

売れそうなジャンルに手を出していくときに、競合をできる限り避けたい気持ちからニッチなキーワードばかり探してサイト構築することはやめておいた方がいいです。もちろんニッチなキーワードで稼げることもありますが、ハズレも多く、小規模サイトから中規模や大規模サイトへ移行するのが難しくなります。

個人的には初心者でも王道で売れるキーワードをガンガン攻めていくべきだと考えます。

流行りものを狙うよりも長く需要が見込めるジャンルを狙うという事にも注意しています。流行り物はすでに力のあるサイトが手をだすなら、短期間でアクセスや売り上げを伸ばしやすいですが、ゼロから構築していく場合にはリスクが高く、サイトを構築。

売りたいジャンルのちょっとした専門家になろう!

自分の得意なジャンルでアフィリエイト商品がある場合には、そのジャンルから力を入れ行くことが成功の近道です。

稼ぎたいジャンルについては、できる限り詳しくなっておくほうが有利です。

ターゲットにしているジャンルの事を知らなければ、ユーザーがどのような悩みを持ち何を求めているのか、ユーザーがどのようなキーワードでアクションを起こしているのかも見えてきません。

僕が知らないジャンルでサイト構築をしていくときには、関連書籍があれば一通りそろえ、Q&Aサイトなど調べられることは徹底的にリサーチしていきます。

悩みを持っているユーザーであれば、商品を購入(サービス申し込み)することで悩みが解決できるかもしれないという期待からアクションを起こします。もしあなたのサイトが的外れなコンテンツを用意していれば数秒から数分でユーザーは立ち去ります。

いくらSEOを意識して上位表示しても的外れなサイトでは意味がありません。

ユーザーが求める情報を提供してコンバージョンまで導くだけの知識がアフィリエイターには必要です。

メインキーワードとサブキーワード

サイト規模によって攻め方は変わってきますが、パワーサイトを作る場合のメインキーワードはもちろん王道狙いにします。個別記事にはサブキーワード(関連キーワード)。

中・小規模サイトの時には、関連キーワードで構築していく事が多いです。

キーワードが決まれば具体的なタイトルを考えていくのですが、ここは結構重要です。いくら狙ったキーワードが入っていて上位表示されても、ユーザーに興味がないタイトルならスルーされてしまうからです。

タイトルや記事にも切り口は複数あり、レビュー、比較、ハウツー、まとめ、インタビューなど。さらに細かく分類していけば、レビューのなかでもユーザー目線で批判から入るものや愛用者として入るなど切り口はいくらでもあります。

ターゲット属性によってもキーワード選定や切り口は変わります。

僕が記事を作っていくときには、性別・年齢・職業などの詳しい属性を考え作成していきます。例えばダイエット1つとっても男性と女性では検索するキーワードも、コンテンツのアプローチも全く変わってしまいます。

成功もあれば失敗もある!

アフィリエイトの場合は結果が出るまでに時間がかかるものです。

初心者がいきなりブログを作成して、数日寝ないでコンテンツを作りこんだところですぐに結果は出ません。

そして時間をかけてキーワード選定からサイトの作りこみをやっても、売り上げに繋がらず失敗することはあります。

はじめのうちは小・中規模サイトからの構築で様子を見ながら、売れるポイントが見つかれば集中的に攻めるという方法が結果に繋がりやすいと考えています。

まぁどのような方法であれ、がむしゃらにやってみること、そして諦めず継続すること。

いろんなことに挑戦していくことで複数のデータが集まり、どの方法が効率よく稼げるとか、自分にはどのやり方が向いているというのが自然と見えてくるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です