無料レポートスタンドでリスト収集の効果を高める!

結果を出す人と出せない人の違いを知る!

アフィリエイトで稼ぐSEO対策のTakezoです。
今回はリスト収集方法の一つ、無料レポート配信の効果的な使い方についてのお話です。

無料レポート配信とは、独自のノウハウや役立つ情報を、
PDF、音声、動画などを作成し無料で配っていきリストを獲得していくという仕組みです。

現状では登録者が多く、リスト収集といっても捨てアドしか手に入らないと思っている方もいるかもしれませんが、実は効果的に濃い見込み客やファンをあぶり出すことも可能です。

まず前提となるのは、Takezoがいつも話している

・価値あるコンテンツの提供

これだけは何をするときでも絶対条件なので、
コピペなど適当なコンテンツ配信は結果的に生産性も悪く自分の為にもならないのでやめましょう。

無料レポート配信スタンドで捨てアドが多い原因から考えると、
濃い見込み客のリスト入手にもつながってきますので、原因から話します。

何度かレポートをダウンロードした経験がある方なら知っていると思いますが、
9割の無料レポートがハッキリ言ってゴミレベルの単純なリスト集めだけを目的としています。

【悪い例】
・販売目的や誘導丸出しの無料レポート
・リストを入手すためだけの他人のレポートやサイトのコピペ
・アフィリエイトタグをPDFに埋め込んだ単純なアフィリエイト目的

まだまだ最悪な例はありますが、上記のようなことをやっていても
長期的な視点で考えると作業の無駄でしかないので、おススメしません。

結果、受け取り側とすれば、
ゴミのようなレポートが大部分を占めているから捨てアドになる!
登録後に大量の迷惑メールを送られたらたまらない!
最終的に多くの方が、行き着く心理はこんなとこです。

9割がゴミなら有益な1割になればいい!

単純な事で当たり前な事ですが、みんなと同じことをやっていても
目立つこともできなければ、ファンを獲得することもできないという事です。

2013年からの無料レポート配信スタンドのリスト収集方法として、
効果的な例をいくつか出すので参考にしてください。

・PDF+プレゼント
・PDF+動画
・PDF+音声

上記3つのパターンは、今後当たり前レベルになってきます。

Takezoが行う効果的な2段階リスト収集

Takezoが色々な方法を検証して効果的だった方法をシェアします!
2段階の振り分けで、薄いリストと濃いリストに振り分けるという事を現在はやっているのですが、その詳細を解説します。

【第1段階】
無料レポートの登録時に魅力のあるタイトルで、
動画や限定プレゼントがあることを告げ登録を即して、登録者に価値あるコンテンツを提供します。

*1段階目でも質の高いコンテンツを提供していれば、ファンになる確率は高いです。

【第2段階】
2段階目としては、PDFの最後に登録者に対して
目立つように警告をだし
「私の裏メルマガは絶対に入手困難なコンテンツを数多く無料で提供しています!」
「フリーメールや捨てアドで登録している方は、後悔する前に本アドでの登録をおススメします。」
こちらに登録した方には、特別に〇〇をプレゼントしています。

—————————————–
上記の事をやるだけで、濃い見込み客のリストが効率よく回収できます。
*文章は無料レポートのカテゴリーに合わせて、もっと掘り下げあおったほうが効果的です。

薄い見込みリストと濃い見込みリストの振り分け完了後

第1段階の登録リストに対しては、
薄い見込み客と判断し販売用のステップメールを流していきます。

第2段階の濃い登録リストには、
リストを育てる意味でも役立つコンテンツを定期的に配信していき、
全力でサポートしながら販売につなげたり、共に成長していきます。

「無料レポート配信スタンドは、もう使えない・・・・」
と考えるのではなく、有効に使いきれていないだけで
まだまだ使い方次第で濃いリストを集めることができます。

ぜひ、チャレンジしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です